ビットフライヤーの登録方法【徹底解説】スマホでの登録法もあり!

話題が絶えない仮想通貨ですが、仮想通貨の取引を始めようと思うと取引所に登録しなければいけません。

今回紹介するのはCMなどでも放送されていて知名度が高いビットフライヤーの登録方法をご紹介します。

私も登録する際はちょっと戸惑った部分もありましたので、あなたがすんなり登録できるように徹底解説していきたいと思います。

最初に言っておきますが、登録は数分で完了しますが、取引開始までには数日かかってしまいますので早めに登録だけでも済ませておきましょうね。

それでは以下で早速ビットフライヤーの登録方法をご紹介していきますね!

ビットフライヤーの登録方法【徹底解説】

まずはビットフライヤーの公式サイトに移動し、アカウント作成の欄にメールアドレスを記入して作成の赤いボタンをクリックしてください。

そうすると登録したメールアドレスにビットフライヤーからメールがきます。

内容は

  • キーワード
  • ログイン用メールアドレス

が記載されています。

メール内にあるリンクをクリックしキーワードを入力することで本登録画面に移動することができます。

取引時確認の入力

次に取引時確認の入力になります。

上記画像の「まずは取引時確認の入力からはじめる」をクリックして次に移行してください。

そうすると上記の画面に移行されますので、個人情報等を記載してください。

個人情報の記載内容は

  • 姓名※
  • 性別
  • 生年月日※
  • 国籍※
  • 郵便番号※
  • 住所※
  • 電話番号

※が記載されている内容は登録時に必須の記載内容になります。

個人情報の入力が完了したら、登録情報を確認するの青色のボタンをクリックして次に進んでください。

次に進むと記載した個人情報の確認画面に移行します。

記載した個人情報に誤りがないのか確認し、問題なければご本人情報を登録するという青いボタンのクリックしてください。

クリックすると上記画像のように個人情報の登録が完了します。

次は取引目的等を確認するに移行します。

取引目的等を確認する

こちらではあなたが仮想通貨の取引の目的を選択する項目なります。

その他の項目もありますので以下で詳しくご説明していきますね!

まずは外国の重要な公人についてになります。

基本的にサラリーマン等は上の私は海外の重要な公人、もしくはその親族ではありません。を選択してください。

次は職業の選択になります。

複数の選択肢がありますのであなたに合った選択肢をお選びください。

私は会社員/団体職員を選択しました笑

あとは最後の取引の目的についてになります。

  • 決済のため
  • 投資のため
  • その他

私の場合は投資のためなので投信ためを選択し、入力するをクリックして次に移行します。

銀行口座の登録

次に登録するのが銀行口座位になります。

注意点としては必ず、ご本人名義の銀行口座を登録してください。

主要の金融機関だと

  • 三井住友銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • みずほ銀行
  • 楽天銀行
  • 新生銀行
  • ゆうちょ銀行

などがあります。

その他地方銀行でも登録可能になっていますので安心してください。

  • 銀行名
  • 支店名
  • 口座種別
  • 口座番号
  • 銀行口座名義(姓名)

上記を記入し、登録情報を確認するの青いボタンをクリックしてください。

入力情報に誤りがないのか確認し、問題なければこれで登録は完了になります。

あとはビットフライヤーから郵送される転送不要書留郵便のお受け取りをもって取引時確認の手続きは全て完了になります。

私の場合は登録から4日後に転送不要書留郵便(ハガキ)が送られてきましたのでそれまでしばらく自宅でお待ち下さい。

自宅まで転送不要書留郵便が届くまでにやっておくべきことが1つだけあります。

それが二段階認証になります。

やっておくべき二段階認証の設定方法【完全版】

二段階認証?なにそれ?って方が多いと思いますが、二段階認証とは簡単に言いますとセキュリティーを強化するための設定になります。

初心者の方は聞き慣れないと思いますが、結構常識といいますが、当たり前に設定するべき項目になりますので、ハガキが届くまでに設定しておきましょう。

今では仮想通貨が盗まれたり、お金が不正に送金されたりする被害が発生していますのでその標的にならないためにも設定必須の項目になります。

さらにアカウントを盗まれたりするケースもありますので今できる予防策を取って安全に取引できる状態を自分で作っていきましょうね!

それでは説明が長くなってしまいましたがビットフライヤーの二段階認証の設定方法をご紹介していきます。

メールに送られてくるコードを確認する

二段階認証の設定を始めると登録メールアドレス宛に6桁の確認コードが送られてきます。

そのコードをビットフライヤー公式サイトの入力欄に記載してください。

変更内容選択

確認コードの取得方法

  1. 認証アプリを使う
  2. 携帯電話のSMSで受け取る
  3. メールで受け取る

上記3種類の中から選択することができます。

1つづつ説明していきます。

認証アプリを使うという項目はアプリを使用して、確認コードを取得する方法になります。

私はこちらを選択しました。

とても簡単に確認コードを取得することができますのでおすすめです!

次の携帯電話のSMSにで受け取るというのはご登録携帯電話に確認コードを送信する形になります。

携帯やスマホの容量が少なくアプリがインストールできない等の理由がある方には便利だと思います。

あとは登録してあるメール宛に確認コードを送ってくれるというものになります。

特に理由がないなら認証アプリを使って確認コードを取得するのが便利ですよ!

いつ使用するか

二段階認証をいつ使用するのか?の選択ができます。

  • ログイン時
  • 外部アドレスの登録時
  • 日本円の出金時

私はログイン時に設定しました。

なぜならアカウントの盗難などがあるのでログイン時に二段階認証を設定すると盗難防止になるためです。

選択が完了したら青色の次へをクリックしてください。

確認コードの入力

次は認証アプリをインストールして確認コードを入力します。

認証アプリは

  • Google Authenticator
  • Authy
  • Duo Mobile

上記3つのアプリから選択することができます。

私はGoogleの安心感でGoogle Authenticatorをインストールしました。

Google Authenticatorをインストールしてアプリを起動すると、右上に+ボタンがありますのでクリックしてください。

するとバーコードをスキャンと手動で入力という選択肢が出てきますので、どちらかを選択してください。

バーコードをスキャンする方が簡単ですのでスキャンしましょう。

二次元バーコードのスキャンが完了すると、6桁の確認コードが表示されると思います。

数字の左上のbitFlyerと記載がありその下に6桁の数字が記載されていると思います。

右下には時計のようなものが記載されていると思います。

この時計のような記載は一定時間過ぎてしまうと確認コードがランダムに変更される仕組みになっています。

この確認コードが取得できればその確認コードをビットフライヤー二段階認証画面の「認証アプリを使用して確認コードを取得してください」

という欄に確認コードを入力してください。

入力後、二段階認証を設定するとクリックしてください。

二段階認証完了

これで二段階認証の登録は完了します。

次にログインするときにはこの二段階認証コードが再度必要になります。

ちょっと手間になってしまいますが、これでセキュリティー面が強化され、より安全に取引できますので!

あとはどんどんお金を増やすだけですね。目指せ一億!

やったるで~^^

ビットフライヤーの登録方法で何かわからないことがありましたら気軽にコメントをいただけると対応させていただきたいと思いますので宜しくお願い致します。