ビットフライヤーの取扱仮想通貨は6種類!詳しい詳細はコチラ

知名度が高くビットコイン取引量日本一のビットフライヤーの取扱仮想通貨についてご紹介したいと思います。

それでは以下でビットフライヤー(bitFlyer)が取り扱っている仮想通貨の銘柄をご紹介していきますね。

ビットフライヤー(bitFlyer)取扱仮想通貨全6種類!

ビットフライヤーで取扱が行われている仮想通貨は

  • ビットコイン

そのたアルトコインは

  • イーサリアム
  • イーサリアムクラシック
  • ライトコイン
  • ビットコインキャッシュ
  • モナコイン

上記6種類の仮想通貨を取り扱っているのがビットフライヤーになります。

ですので仮想通貨の投資を始めようと思っている方で取引したいと思っている銘柄があるのか確認しましょう。

もし、ない場合には他の取引所の登録をしましょう。

国内の取引所で取扱仮想通貨が多いのはコインチェックになりますので、コインチェックの登録をしておきましょう。

アプリの利便性でも評判が高く、国内で1,2を争う人気の取引所になります。

仮想通貨と言えばビットコインですよね。

その取引もビットフライヤーは取扱していますし、取引量が国内No.1なのでスプレッドも小さく、ビットコインで一儲けようと思うならビットフライヤーの登録は必須になります。

登録は簡単に数分で終わりますのでやって損はないです。

他にも時価総額2位のイーサリアムの取扱もおこなっているので、比較的知名度の高いアルトコインの取扱も豊富にあるので、マニアックなアルトコインの取引を考えていないならビットフライヤーだけでも十分です。

その他ビットコインキャッシュやイーサリアムクラシック、ライトコイン、モナコインなどの取扱もおこなっています。

取扱仮想通貨銘柄で比較すると

国内の取引所を取扱銘柄の多さで比較するとビットフライヤーは1位ではありません。

コインチェックやZaifの方が取扱銘柄に関しては種類が多いです。

ですがビットフライヤーも少ない訳ではなく、平均以上の取扱銘柄数になっています。

少ない取引所だとビットコインしか取り扱っていない取引所もありますのでそのような取引所に比べると多いです。

取扱銘柄数で言えばビットフライヤーは可もなく不可もなくといったところでしょう。

知名度の高さや資本金国内1位の安心感などは他の取引所にはないビットフライヤーの魅力の1つになります。

やっぱり安心感とかは数値などで測ることのできない部分ですし、そのような目に見えない部分を重要視するならビットフライヤーは選ぶべき取引所になります。

まとめ

取扱仮想通貨の銘柄は6種類(ビットコイン、イーサリアム、イーサリアムクラシック、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、モナコイン)と可もなく不可もなくといった印象。

ですが知名度の高さや安心感が高く選ばれている取引所になります。

取扱仮想通貨の銘柄数で言えば、他の取引所の方が多いところもあるのが実情ですが、上記で紹介した仮想通貨の取扱を検討されている方はビットフライヤーがおすすめです。